読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレーンシュガー

酸いも甘いも。

北海道はでっかいどー!part.2

少し間があきましたが、前回に続いて北海道特集です!(笑)

あ、みなさま新年明けましておめでとうございます<m(__)m>今年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

さて、北海道と言えば、前回も少し触れましたが、観光地として有名です。

今回は、観光名所に的を絞ってプレゼンしたいと思います!

 

まずは、世界遺産にも登録されている知床の紹介をしたいと思います。

知床は、日本にある世界遺産登録地域であります。2005年(平成17年)7月17日、南アフリカ共和国ダーバンで行われた『第29回ユネスコ世界遺産委員会』で「自然遺産」登録が決まりました。

知床のなかでも特筆すべきは「知床五湖」です。

知床五湖とは、北海道斜里町にある湖(秘湖、沼)であります。五湖とあり、一湖から五湖までの名前がついている。ただし、湿地帯にあるため融雪期には数が増えます。

知床八景の一つに数えられる観光地として、一湖を見下ろす展望台や湖を巡る遊歩道が整備されており、知床連山や原生林を水面に映す素晴らしい風景は、訪れる観光客の心をとらえて放さないことでしょう。ただ、遊歩道では、エゾリスエゾシカなどが観察される一方、ヒグマが目撃されることもあり注意を要します。ヒグマの出没状況によっては、遊歩道の一部または全部が閉鎖される場合があります。また、夜間と冬期は閉鎖されております。周辺の植生は、エゾマツやトドマツが主であるが、近年、頭数が激増したシカの食害のため天然更新が滞り、全体的な衰退傾向が危惧されております。

こうした状況を踏まえ、安全で環境負荷の少ない利用を図るため、ヒグマ対策のための電気柵を設けた高架木道・展望台を整備し、観光客は主にそちらを利用してもらうこととする一方で、従来の五湖を巡る遊歩道については、2011年度から入場人数制限、レクチャーの義務づけ、有料化等を導入されました。

知床五湖の入り口にあたる駐車場の一角には、レストハウスがあり、コケモモを使ったソフトクリームなどが名物となっています。また、熊除けの鈴などの貸し出しも行なっております。

f:id:wildboar4545:20170106223423j:plain

 

新年なので、ざっと今日はこの辺で!

seeyou!!